性癖の部分で少々アブノーマルなものを持っていました

 

しかし、彼女に向かいそれとなく来てみたところとてつもない拒絶を食らったので今後できないだろうと悶々としていたのがキッカケでした。

 

その上で彼女ともマンネリが重なったせいで出会い系で同じ性癖の女性を探そうと思い浮気を決意しました。

動機は彼女とは別れたくはないが性癖の欲求を満たしたい理由です。

 

同じ性癖の人を探すのはリアルだと無理だが出会い系ならすぐ

出会い系アプリのPCMAXのプロフィールの検索や掲示板を見て、同じ性癖を持っているらしき人に何人かアプローチしました。

 

そのうちの1人で25歳の彼氏と同棲している焼肉店のバイトの人と知り合いメッセージの中で同様の悩みを抱えていることがわかりました。

私はMの女性を探していて、相手はS男性を望んでいました。

 

しかし彼氏さんもどちらかと言うとM気質で相手の欲求が溜まる形での悩みがあったそうです。

単純にSとMと言っても色々なジャンルがあるし互いに彼氏や彼女にバレるような痕のつくプレイはできません。

 

色々話し合って信頼を重ね、互いにこの人になら任せてもいいと思ってからじゃないとSMも浮気も成立しないので非常に丁寧に互いの探りを入れ会いました。

互いに納得に至った段階で双方が同時に会える時間と場所を探す事にしました。

 

OKが出たら公衆の面前で股間に…

会う時間を作るのは無理に作ろうとせず、あくまで私の彼女と相手の彼氏とのタイミングで不自然な個所が出ないように細心の注意を払いました。

その為に会うと決めてから3週間もたってから初めて会うことになりました。

 

少しすふっくらしてはいましたが、太っているほどではなく個人的には非常に好きな肉質です。

黒髪ロングで眼鏡の愛嬌のある感じで155㎝くらいの身長で色白のかわいらしい印象です。

 

まずは最終的にパートナーになる前に、対面でのチェックをしながらランチを近くのファミレスで取るようにしていました。

私のほうは話しかたも容姿も問題なくむしろお願いしたい位くらいでした。

 

相手も私を想像より目つきは悪いけどそれがむしろいいと笑いながらOKしてくれました。

正式にそこでSとMの関係が成り立ちデザートを食べている相手の股間に靴を脱いだ足を滑り込ませ公衆の面前で刺激を始めました。

 

とろけた表情の彼女に、乱暴なセックスを

既にプレイが始まったことをすぐに察した相手もとろけた表情で頬を赤くしながら食べきりました。

会計を済ませホテルに向かう車での道中も口で早速奉仕をさせながらで彼氏の事や、キスより先に口で奉仕をしている姿を言葉でなじりました。

 

ようやくホテルについてエレベーターの移動中にスカートをまくり下着に手を滑り込ませると、既に尋常じゃないくらい濡れていて私もますます興奮してきます。

 

ホテルの部屋では縛り跡の付かないようにタオルで軽く拘束し、言葉攻めとしつこい前戯を繰り返し、持参した大人の玩具で存分にほぐした後に乱暴にセックスを行いました。

 

どうしても疑われるような跡を残さないように二人で色々考えた結果のプレイ内容でしたが、二人とも何回もできる程求めあいました。

 

後半は普通のセックスも行って、SMの性癖から彼氏さんから寝取った征服感もプラスして沸き起こり最高の浮気でした。

 

浮気相手も同じように思ってくれていたみたいで全て終わってホテルでまったりしているときに次はこう言うことしたいね等の話が自然と話題に上がってきました。

中々マニアックな要望を持っていることもそこでさらに分かり、継続で会うことは自分の中では確定でした。

 

浮気相手の彼氏にバレ、約束通り連絡先を消去

結論としては2回目の浮気デートの後に向こうの彼氏にばれて軽く修羅場になりました。

 

全ての物的証拠は始末していたし、定期的にメッセージのやり取りも削除していたのですが、こともあろうに削除のタイミングの前に彼氏が相手のロック番号を解いて中身を見たことが理由です。

 

元々ロック番号は知っていてたまにこっそり見ていたそうなのですが、今回は浮気の兆候を見かけてそのまま怒りに任せて相手のLINE電話でかけてきたとの事でした。

 

私も彼女がいない状況だからと、うかつに電話をとってしまったのも失敗ですが、話を聞く限り喚いてるだけでどうしたいかが一向に分かりませんでした。

 

こちらからの質問にはうるさいしか言わないのに、もっとうるさい声で喚くだけなので、要件を聞くと今すぐここに来い、土下座しろ、俺の彼女に二度と手を出すなの内容でした。

 

実は浮気相手と関係を待つ前に取り決め事があって、万一互いの浮気が発覚してそれぞれの彼氏彼女が電話して来ても一切応じずに電話を消していいと決めてます。

 

その為に互いに住所も伏せた付き合いでしたし、それ以降ももし関係を望むならバレた方のほとぼりが冷めた頃にまた連絡をしてくるようにして、手帳の隅っこの予定にLINEのIDまで残している徹底ぶりです。

 

私もそこまで相手を気に入ったからこそしていた対策でした。

1か月くらいたってから相手から連絡が来た時には飛び上がるほどうれしくて、結局それがもとで彼氏とは別れた、別れれてよかったと来たので、以降は前よりももっと濃いプレイを気兼ねなくしています。

 

気に入った浮気相手は逃がさない。再連絡する手段を

この人は逃したくないと思えるような人と出会った場合、信用が置ける人であるならば仮に発覚した後でも継続できるような逃げ道を確保しておくことも有効な手段です。

 

幾つかの取り決めをしておくことで発覚の被害も広がることを食い止められるし、バレた経験を乗り越えてもう一度リスクを犯すのはドキドキしてクセになります。

多方面に対応出来る伏線を張っておくことで自由度の高い浮気を楽しめます。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

おすすめの記事