不倫をした主な原因は3つあります。

妻との夫婦生活のマンネリ化セックスレスによる肉体的な欲求不満、そして元カノの存在です。

 

妻とのセックスレスという点以外は満足した夫婦生活を送れていたのですが、唯一満たされいなかったその部分を満たしたいと思い、その思いを共有してくれる元カノが身近にいてくれたことで、不倫関係に陥ってしまいました。

 

不倫の相手との接点と気持ちの変化

不倫相手の元カノは、元々同じ大学のサークル仲間でした。

 

この大学のサークルのメンバーとは、卒業後も定期的に飲み会という形で会う機会はありました。

もちろんこの元カノもたまに姿を見せていたので、近況報告という形で話をすることがありました。

 

この時、私も元カノも結婚していて、別々の家庭がありました。お互い子供もいて、しっかり家庭を築いていたのですが、元カノが旦那の自己中心的な性格に愛想を尽かせていたことと、私と同じでセックスレスから来る欲求不満があることをカミングアウトしてくれたことで、元カノを女性として見るようになってしまいました。

 

元カノとの不倫行為

LINEで積極的に連絡を取り合うようになり、愚痴を発散するという名目で、仕事の合間に2人で喫茶店で会うこともありました。

 

次第に元カノに惹かれてしまい、会話の中で軽くアプローチしてみたり、昔みたいに一度遊びたいと話をしてみたのですが、元カノもそれに対してイヤな反応は見せなかったので、思い切ってホテルで関係を持とうと提案してみました。

 

もちろん最初は既婚者として一線は越えられないという理由で拒否されましたが、ちょくちょくその話を元カノに持ちかけていたところ、「ホテルに行ってもいいよ。」と言ってくれるタイミングがありました。

 

お互い有給を使って平日の日中にホテルへチェックインしました。

元カノと付き合っていた大学時代以来、約11年ぶりに元カノと肉体関係を持ちました。

 

一線を越えてからというもの、元カノも肉体関係を持つことに対してほとんど拒絶することもなくなり、1~2ヶ月に1回の割合でホテルデートをするようになりました。

もちろん、目的は肉体的な欲求不満の解消です。

 

ホテルという場所も、知り合いに遭遇する確率がほぼゼロだったので、都合のいい場所です。

体の相性は妻より元カノの方が数段上だったので、元カノと不倫関係が続けられた1つの要因になってしまいました。

 

しかも、何度も密会しているうちに恋愛感情も生まれてしまいました。単にホテルで関係を持つだけでなく、デートや食事をして同じ時間を楽しみたいと思うようになり、公園や映画館、知り合いに遭遇しなさそうな個人経営の飲食店などでデートを重ねました。学生時代に付き合っていた頃を思い出し、かなり楽しい思いもできました。

 

元の友達に戻る。バレない浮気はニオイの始末から

現在は不倫相手の元カノとの関係は解消しています。

 

元カノの方から、不倫行為に対して精神的に負担になってきたとの話から、元の友達に戻ろうという提案をされ、私はそれを受け入れました。

不倫期間は約2年間になります。

 

この間、私の妻にも元カノの旦那にも不倫関係はバレませんでした。

連絡に関しては、当初はLINEで行っていましたが、関係が深くなった時点からはフリーメールにて行いようになり、内容を読んだら削除することをお互い徹底しました。

 

また、家族には内緒で平日に有給を取って密会していたため、日常生活に支障をきたすことも無かったのがバレなかった理由だと思います。ホテルでは、現地集合現地解散が基本で、必ず一人でホテルへ入って、帰りは別々にホテルから出ていくようにしました。

 

あとは香りや元カノの髪の毛の付着を注意しました。

 

特に行為を行った後は、元カノの匂いが体に残りますし、シャワーで洗い流しても、ボディーソープの香りが不自然に体から漂ってしまったりします。

その為、最後はお湯による素洗いを徹底して匂いを絶つこと、家に帰るまでに女性の匂いを消すために、時間をかけて外を歩き回ったりするなどの対策をしていました。

 

不倫相手は慎重に選ぶ。不倫を認めてくれるのは一握り

不倫行為のリスクは多々ありますが、それである程度夫婦関係の不満が解消でき、家庭円満の秘訣になるのであるならば、不倫をしてみるのも1つの選択肢かもしれません。

 

ただ、あまりにのめり込み過ぎると、大抵上手くいかない気もします。

相手も負担に思うでしょうし、家族にも怪しまれる隙を生んでしまいます。また、イケないコトをしているというドキドキ感が恋愛のドキドキ感と勘違いしてしまうので、不倫相手が良く見え過ぎてしまうという罠もあるかと思います。不倫している時こそ、冷静な目と心が必要なことは間違いないと思います。

 

それと相手探しは難しいと思います。

不倫を認めてくれる人間はほんの一握りだからです。身近な人の場合、失敗した時のリスクもあるので、いわゆるハッピーメールやPCMAXといった出会い系サイトを利用して探す方が無難かもしてません。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

不倫・浮気の出会いで人気の出会い系ランキング

「結婚相手・交際相手」以外にセックスをする相手がいる割合は、男性が3割、女性が2割。

(相模ゴム工業のアンケート、全国14,100名の20~60代男女に実施)

 

要は、2~3割の人は不倫・浮気をしているのです。

しかも、自発的に浮気をする場合には、多くの人は出会い系サイト・出会い系アプリを利用することが分かっています。

 

当サイトでは多くの浮気・不倫体験談を集めています。

その中で、不倫・浮気に使われやすい出会い系を集計し、ランキング形式で紹介します。

 

不倫・浮気ランキング3位:ハッピーメール

不倫・浮気に使われる出会い系ランキング、第3位はハッピーメールです。

 

ハッピーメールは、出会い系の中でも女性ファッション誌への広告・宣伝が激しく、不倫・浮気目的の既婚者よりは、普通の出会いやワンナイトラブ目的の若い男女が多いです。

 

援助交際目的の女性も多く、実際に新潟県知事がハッピーメールで女子大生と援助交際して辞任したのは記憶に新しいところ。

エッチな出会い用の出会い系サイトとしても外せません。

 

 

不倫・浮気ランキング2位:ワクワクメール

不倫・浮気に使われる出会い系ランキング、第2位はワクワクメールです。

 

ワクワクメールはハッピーメールにかなり似たサイトですが、「業者が少ない」という特長があります。

援デリ業者などの厄介者を排除するスピードは、出会い系業界一とも言われています。

 

その結果として、お金で援交したいのではなく、素人に出会いたいという人が集まっています。

当然、素人との浮気・不倫の出会いにも強いサイトになっているというわけです。

 

 

不倫・浮気ランキング1位:PCマックス

不倫・浮気といえば出会い系PCマックス

不倫・浮気サイトの代名詞になってしまった感があります。

 

その理由は、広告展開にあります。

成人男性向け雑誌はもちろん、エッチな女性誌(レディコミ)等の既婚女性向けメディアにも積極的に広告を出しています。

 

その効果で、男女ともに不倫・浮気・ワンナイトラブ目的の既婚者が多く集まるサイトになっています。

既婚者は「結婚に向けた真面目な出会い」目的ではありえませんから、その結果として実質「浮気・不倫・セフレ募集」用のサイトとなり、今に至ります。

 

PCMAXは、優良出会い系で唯一の「エッチ目的の出会い特化」の出会い系です。

 

おすすめの記事