不倫するまでの生活

不倫の理由は単純なものでした。

当時35歳、結婚10年目になる僕ら夫婦には小学生の息子が一人いて家族を養うために一生懸命働いていました。

 

幸い仕事ではそれなりに出世もできて経済的には余裕はあり、息子が大きくなってきて手がかからなくなったことから妻も自分の趣味やママ友と出かけることも増えてきて、家にいないことも多かったです。

 

その生活に不満があったわけではありません。むしろ何も不自由がないことが幸せだと感じていました。

ただどこか満たされていない感覚が常にあり、このまま家族のために同じ今日を繰り返して老いていくだけなのかと思うと悲しみすら覚えました。

 

SNSのmixiで知り合った彼女

そんな風に思いながら過ごしていた春のある日、日頃の愚痴などを書いてストレスを発散する場として使っていたmixiというSNSである女性と知り合いました。

mixiには日記機能があって、私が書いた日記にコメントをくれたことが出会いのきっかけです。

 

彼女は私の5つ下の30歳で結婚歴は5年と言っていました。

やはり長く一緒に住んでいるとストレスが溜まるようで私の日記に共感してくれて、それから個人的にmixi内でやり取りをするようになりました。

 

この時はまだ不倫などという関係ではなく、あくまでサイト内の友達といったものでした。

 

関係が進展したのは知り合ってから半年ほどした彼女の誕生日でした。

誕生日はmixiのプロフィールに載っていたので、私は彼女に「誕生日おめでとう」とメッセージを送りました。

 

すると少しして彼女からお礼の返事が届きました。

しかしそのメッセージからどこか悲しげな雰囲気を感じたので、何かあったのかと聞くと旦那が留守で寂しいと言っていました。

 

話を聞いていると、特にここ数ヶ月はあまり旦那さんとは上手くいっていないらしく誕生日も祝ってもらうことはないだろうと話していました。

かわいそうに思えた私は連絡先を聞いて、電話でバースデーソングを歌ってあげることにしました。彼女はそれを聴いて泣いていました。

 

それから電話で時間を見つけて話すようになって、知り合って一年ほどして会うことになりました。

 

初めて会った時のこと

彼女と私の家は車で2時間と少しかかるかなり遠くに住んでいたこともあり、会う選択はなかなかでてきませんでしたが、電話で話すようになってどんどん距離が縮まっていくのがわかり、それが私も嬉しくて、もっと彼女を知りたい彼女に好かれたいと思うようになりました。

 

彼女も同じだったらしく、私が気持ちを伝えるとそれに答えてくれました。

 

それまで妻は私のことはSNSをしていても電話していてもほとんど関心はなさそうでしたが、さすがに一日家をあけるのに何も言っていかないのも変だろうと思い、「学生の頃の友達に会いに行ってくる」と初めて妻に嘘をつきました。

 

彼女を待ち合わせ場所まで車で迎えに行き、一緒に食事をしてホテルに行きました。

初めて女性と付き合った事を思い出すくらいドキドキしていました。

 

きっと彼女も同じだったんだと思います。

ホテルに着いて途中で買ったジュースを飲みながら話をしました。

 

改めて見る彼女はとても綺麗で、こんな子とずっと話していたんだと思うとそれだけで少し興奮を覚えてしまうほどでした。

私は彼女に改めて気持ちを伝えて、「今だけは全部忘れて恋人になりたい」というと彼女も頷いてくれたので、そのまま抱き合って愛し合いました。

 

互いに家庭があるので、遅くなる前に彼女を送り届けて私も帰宅しました。

家に着いた時は彼女と会った時とはまた別のドキドキがありましたが、特別疑われることもなくその日はそれで終わりました。

 

妻に気づかれた

それから数ヶ月間私達は内緒で何度も会っては求めあいました。

 

そんなある日、彼女の携帯に私の妻から電話がいきました。

妻からは何も聞いていなかったので、彼女からそれを聞いて一瞬で我に返りました。

 

おそらく私の携帯を見て、そこから連絡先などを知ったのだと思います。

妻は彼女にお願いだから別れてくれと頼んだと言っていました。

 

その日は妻の顔は見れませんでした。

 

別れたくなかったものの、ハッとさせられた

なんと言っていいのかわからずそれから数日妻とは口を聞きませんでした。

自分から話すことができませんでした。何日か経って妻から「話をしたい」と言われて話し合いました。

 

妻は最初は気づいていなかったようでしたが、2月前頃から疑っていたようで一番最近彼女と合った時、私の跡をばれないようについてきていたらしかったです。

そして彼女を車に載せたところで疑いが確信に変わったと言っていました。

 

正直なところ、妻への申し訳ない気持ちはたくさんありましたが、それでも私は彼女のことが好きでした。

別れたくありませんでした。

 

その場では妻に謝罪して、落ち着いたらもう一度などと考えていました。

ですが、その後すぐ彼女のほうからもうこの関係を終わりにしたいと言われました。

 

説得しましたが、彼女も我に返ったようで改めて考えると悲しむ人がたくさんいるから続けていけないということでした。

 

それを聞いて私も諦めが付くと同時に、心から自分を恥じました。

きっと妻は泣いていたんだと思います

 

それを隠して笑顔で私を会社に送り出して、息子の世話をして家庭を支えてくれていたんだと思いました。

本当に心からすまなかったと反省しました。

 

不倫するなら本気で

今回のことから半端な気持ちで不倫してはいけないと痛感しました。

当人達は楽しいけれど、周りはその数倍悲しんでいるんだと思いました。

 

ただ、不倫することで上手く続いていく夫婦もいるとは思います。

私も不倫がバレたからではなく、バレる前から、それまでの曇ってしまっていた心が晴れて彼女だけでなく妻も大切にしたいと思うようになりました。

 

どうしても長く同じ人と一緒にいるとマンネリ化してしまって刺激がなくなって、生活自体がだれてきてしまうものです。

不倫をしましょうというつもりはないですが、せめてパートナーに絶対にバレないようにすることがマナーかなと思います。

 

ミントC!Jメール

おすすめの記事