私は、40代半ばのサラリーマンです。

妻とは結婚して10年以上が経っています。また、幸いなことに二人の子供を授かり、幸せな家庭を築けています。

 

妻とは、会社の中で出会い、恋愛結婚でしたが、さすがに10年以上が経つと、お互いに恋愛感情がなくなり、空気のような存在になってきます。したがって、自ずと妻との夜の営みも減ってきて、今では月に1回あるかないかの状態になっています。

 

そんな関係は、二人目の子供が生まれた後から続いており、二人目の子供が生まれた後、別の女性と関係を持ち、現在も不倫の関係を続けています

 

不倫している女性との出会い

私はその女性とは、マラソンサークルで出会いました。

40代に近づくにつれて体重が増えて、お腹周りが気になり出したのをきっかけに、私は週末にランニングを始めました。当初はダイエットが目的だったのですが、そのうち走ること自体に楽しさを覚えて、ハーフマラソンの大会に参加するようになりました。

 

ハーフマラソンの大会に参加すると、一人で参加している人ももちろんいましたが、仲間で参加している人達が多く、その雰囲気が羨ましくて、地元のマラソンサークルに入りました。

 

そのマラソンサークルに彼女は前から入っていました。当初は私はマラソン仲間として一緒に練習をしたり、大会に参加していましたが、とある大会の後の打ち上げの飲み会をきっかけに彼女と不倫の関係を持つようになりました。

 

夫の不倫に不満を持つ美女。ホテルでの情事

先に記載した通り、彼女と不倫の関係を持つようになったのは、とあるマラソン大会の後の打ち上げでした。

 

それまでも、打ち上げなどで、彼女と飲みに行ったことはありましたが、その日の彼女はいつもより、酔っていました。二次会で席が隣になったときに、はじめはその日のマラソン大会の結果について話していましたが、そのうちに彼女の旦那さんの話になりました。

 

彼女は私より5才若い人妻でしたが、結婚して5年が経っていましたが、いまだに子供が生まれず悩んでいました。そんなたわいもない会話から、実は旦那さんとの夜の関係自体が最近はほとんどないと話してきました。

 

彼女の旦那さんは、会社の女性と浮気の関係にあるようで、それが原因で彼女との関係がなくなっているとのことでした。彼女は話始めるとかなり悲しそうな表示になったので、彼女が十分に魅力的だとなぐさめました。実際に彼女はかなり魅力的で、わたしのストライクゾーンのど真ん中でした。

 

マラソンをしているため、小柄ながら体はひきしまっており、また出るとこは出ており、理想的な体型を維持していました。私は、彼女に魅力的だと話はじめると、最初は本当になぐさめていただけのはずでしたが、彼女を女として急に意識しはじめてしまい、彼女も私を男として意識し始めたようでした。

 

二次会に行ったサークルのメンバーは多くはなかったのですが、回りに人がいるにも関わらず、酔った勢いもあり、気がつけば、いつの間にか周りにばれないように気を使いながらも、テーブルの下で手を繋いでいました。

 

二次会が終わると、他のメンバーは三次会に行く者もいましたが、私たちはそこでみんなと離れて、どちらからというわけでなく、自ずとホテルに向かって歩いていました。ホテルに向かう最中も強く手を繋いで歩き、そしてホテルに着くと、部屋を選び、部屋に入るとすぐに、がまん出来ずに唇を重ねていました。

 

私は妻以外の女性とキスをすること自体が久々だったので、もはや我慢は出来ずに、彼女の胸を服の上からまさぐり始めました。そして、服の中に手を入れ、はじめはブラジャーの上から、次にブラジャーの中に手を入れ、胸を揉みました。

 

彼女の乳首は既にたっており、手を胸から離すと、私は彼女の胸に顔を近づけて、彼女の胸をひとしきりなめ回しました。乳首はあまがみすると、彼女は控えめに声を漏らしましたが、必死に声を押し殺している姿に余計に興奮して、胸をなめながら、手は彼女の下半身に向かいました。

 

彼女のパンツの中に手を入れると、あそこは既にぐっしょりと濡れており、私はクリトリスを人差し指と中指で刺激しました。彼女はピクピクしましたが、余計に私は興奮して、胸から顔を離して、彼女の下半身に顔を埋めました。

 

そして、ひとしきり彼女の陰部をなめ回し、指で中を刺激した後、我慢出来ずに、彼女の中に私のものを挿入しました。

 

彼女の中はとても温かく、そして締まりも子供を生んでいないためかよく、私はあっという間に果ててしまいました。私はその日彼女ともう一回関係を持ち、ホテルを出ました。一日に二回するのは、数年ぶりで、それほど興奮していたのだと思います。

 

現在も不倫関係は継続

彼女とは、それから現在まで関係を続けています。

お互いの趣味を通しての関係なので、今のところ、特段妻からの疑いはありません。

 

不倫をする後ろめたさはありますが、彼女との関係は続けて行きたいと思っています。

おすすめの記事